h_kaishi

t_toukou

自己記入式認知機能検査日本語版(Test Your Memory-J)のアルツハイマー病診断における有用性

 アルツハイマー病(AD)の診断には,Mini-Mental State Examination(MMSE)や長谷川式簡易知能評価スケール改訂版(HDS-R)などの質問法による認知症検査が広く用いられてきた.2009年に英国Brown らは,自己記入式の認知機能検査であるTest Your Memory(TYM)を開発し,AD 診断における感度が93%,特異度が86%と報告した.そこで我々は,日本語版のTYM(TYM-J)を用いて,AD や軽度認知障害(MCI)診断に対する有用性について検討した. 2010年3月から2011年6月に当科外来を受診して,MMSE,HDS-R を施行し,AD,MCI,および健常と診断した連続334例を研究対象とした.全例で外来の待ち時間にTYM-J を施行した.内訳はAD 患者群159名,MCI 患者群128名,健常者コントロール(NC)群47名で,TYM-J スコアの平均値は,NC 群44.21点に対して,MCI 患者群39.80点,AD 患者群32.10点と各群間で有意な差異を認めた.NC 群と比較してAD 患者群では文章コピーの項目を除く全ての下位項目で得点が低下していた.またMCI 患者群では見当識,知識,呼称,視空間/ 構成2課題,文章想起の項目で有意に得点低下が認められた.TYM-J スコア42点をカットオフとした場合には,AD + MCI群の診断感度は81.5%,診断特異度は72.3%となり,英国のTYJ とほぼ同等の結果が得られた.一方,英国の結果とは異なり,教育年数はTYM-J スコアに影響した. 本研究から外来の待ち時間に自己記入ができるTYM-J は,従来のMMSE やHDS-R などの質問式検査と並んで,AD 診断に有用な簡易スクリーニング検査となり得ると考えられた.(平成23年8月22日受理)
著者名
久徳 弓子,他
37
4
177-184

b_download