h_kaishi

t_toukou

膝蓋大腿関節の力学的研究 第2報切断肢実験

膝蓋大腿関節の接触面積や接触圧が,膝屈曲に従ってどのように変化するかを切断肢を用いて測定した. その際正常の関節面を持つものと変性を起こしたものとを比較し,関節面の変性が接触面積や接触圧に及ぼす影響を明らかにした.さらに膝蓋大腿関節の疾患に対して行われる脛骨粗面浮上術の効果についても論じた.1)膝蓋大腿関節の接触面積は,正常例では膝屈曲が増すにつれ増加する.変性例では屈曲60°までは増加するが,それ以上になるとあまり増加しない.2)膝蓋大腿関節の接触圧は,関節軟骨が正常でも変性していても,膝屈曲60゜以上での接触圧の増加が大きい.3)膝蓋骨の外側関節面には,内側関節面の1.5倍の接触圧がかかる.これは外側関節面に障害が多い原因の一つと考えられる.4)脛骨粗面浮上術は日常の歩行や階段昇降といった膝屈曲60゜までの活動での除痛を最大の目的として低浮上でおこなうべきである.
著者名
赤司 浩二郎
11
4
458-466

b_download