h_kaishi

t_toukou

高齢者のうつ病性仮性痴呆の3例

高齢者に出現した認識障害にうつ病性仮性痴呆が関与したと考えられた3症例を検討して報告した.これら3例の認識障害はうつ病と脳の老化性変化や認識障害等の器質性脳障害が相互に関連して出現したものであると推察された.高齢者のうつ病性仮性痴呆は多様な病態構造を有し得ると考えられ,認識障害を呈する高齢患者の診断と治療に際しては,うつ病性仮性痴呆の存在の可能性を考慮に入れるべきであると考えられた.
著者名
山本 博一, 他
11
4
489-494

b_download