h_kaishi

t_toukou

二つの有茎弁植皮を用いた鼻翼の悪性腫瘍摘出後の再建

右鼻翼部に有棘細胞癌の出現した58歳の患者に対し,広範囲切除後scalping foreheadflapとmalar flapによって再建を行い,良好な結果を得た. 1年10カ月経過した現在も再発はみられていない.
著者名
河村 進, 他
9
4
401-405

b_download