h_kaishi

t_toukou

特発性食道破裂(Boerhaave 症候群)の1例

症例は70歳男性,家族歴,既往歴に特記事項なく,心窩部激痛,背部痛及び微熱を主訴として6月22日来院.汎発性腹膜炎の疑いにて開腹するも,胆嚢壁肥厚と,小胆石8個を確認摘出するに止る.入院2日目に至り胸痛,呼吸困難現出,入院9日目に膿気胸を認め,入院2週目中部食道破裂の診断で,左上下葉剥皮術,中及び左側縦隔洞ドレナージ及び十二指腸瘤造設術を施行した.瘤孔は3 cm x 1.5 cmで縦隔胸膜が心膜と接する所より上方に縦に認められたが,発症後の時間が長く,瘤孔縫合閉鎖術は不可能であった.術後,食道瘤孔部狭小化を認めるも全身状態悪化し,入院50日目死亡した.
著者名
篠原昭博, 他
4
3
148-153

b_download