h_kaishi

t_toukou

脳底動脈Elongationと痴呆を伴った水頭症の1例

“正常圧性水頭症”は, Adamsら(1965)により一つの症候群として確立され,以来多くの報告によりシャント手術の有効性が説かれてきたが,その原因,発生機序についてはなお不明な点も少なくない. 1967年, Breigらは拡張・蛇行した脳底動脈により第3脳室の圧迫・変形を生じた水頭症3例を報告し,その発生原因として拡張した脳底動脈の拍動が脳室系につたわり,髄液の通過を阻害するためとした.われわれも同様の所見を示した症例を経験したので報告した.その水頭症の発生原因として,動脈硬化を基盤として基底核や脳室周囲の白質等に多発性脳硬塞が生じ,それにより生じた脳室拡大を脳底動脈の拍動が更に促進せしめるのではないかと推察した.このような症例ではシャント手術の有効性を術前に予測することは困難であり,手術適応の決定には慎重な配慮が必要かと考えられる.
著者名
中條 節男, 他
2
2
103-109

b_download