h_kaishi

t_toukou

含糖酸化鉄注射液の長期投与でFGF23関連低リン血症性骨軟化症を来たしたクローン病の1例

症例は50歳代,男性.クローン病で2年前に右半結腸切除術,小腸部分切除を施行.術後に他院にてアダリムマブを導入され,クローン病は臨床的寛解の状態であった.4か月前より下肢を中心とした疼痛が出現した.アダリムマブによる薬剤起因性ループスあるいは腸炎性関節炎を疑い,2か月前よりアダリムマブ投与を中止し,プレドニゾロンの内服を開始するも改善を認めなかった.血液検査にて,低リン血症と高アルカリフォスファターゼ血症を認め,精査治療目的で当院に紹介入院となった.骨塩定量検査にて骨密度の低下を,骨シンチグラフィーで疼痛を認める骨への多発取り込みを認め,骨軟化症と診断した.血清のfibroblast growth factor 23(FGF23)が175pg/ml と高値であり,入院前まで定期的に使用されていた含糖酸化鉄注射液による,FGF23関連低リン血症性骨軟化症と診断した.含糖酸化鉄注射液投与を中止し,リン製剤とビタミンD 製剤の投与を開始したところ,徐々に低リン血症と高アルカリフォスファターゼ血症の改善を認めた.その後の経過は良好で,FGF23値は徐々に低下を示し,下肢を中心とした疼痛は軽快し,退院した.長期的に含糖酸化鉄注射液を投与する場合は,FGF23関連低リン血症の早期発見のため,血中リン濃度を定期的に測定する必要がある.
著者名
冨田晃生, 他
43
2
119-126
掲載日
2017.11.29

b_download