h_kaishi

t_toukou

保存療法を施行した顎関節円板前方転位症例の臨床経過ならびに MRI 所見の検討

 平成13年4月から平成14年7月までに片側性顎関節症の臨床診断のもとに顎関節MRIを撮像し,スプリント療法と薬物療法を中心にした保存的治療により加療し,終了後2年以上経過した27名(27関節)を研究対象とし,臨床経過とMR像との関係を検討した.それらをMRIにより関節円板に復位を伴うⅢa群12名(12関節),関節円板に復位を伴わないⅢb群15名(15関節)に分類した.対象の27名の内訳は男性8名,女性19名であった.年齢は平均40.6±19.2歳であった.患側は右側が22関節,左側が5関節であった.結果を以下に示した.  初診時の最大開口度は,Ⅲa群は36.8±9.6mm,Ⅲb群は31.6±6.7mmであった.初診時VASは,Ⅲa群は28.5±19.9,Ⅲb群は39.0±27.6であった.治療を開始して平均3.9か月後の最終受診時開口度は,Ⅲa群は45.6±9.9mm,Ⅲb群は40.6±4.6mmであった.治療後は二群ともに初診時より有意に最大開口度は改善していた.最終VASは,Ⅲa群は4.9±9.4,Ⅲb群は7.1±8.1であった.治療後は二群ともに初診時より有意にVASは低下していた.予後は23名で改善したが,4名は改善が見られず,保存療法の奏功率は85.2%であった.改善のみられなかった4名のうち3名はⅢa群,1名はⅢb群であった.MR画像所見ではjoint effusionは,Ⅲa群ではgrade1は4例,grade2は2例,grade3は6例であった.Ⅲb群ではgrade0は5例,grade1は4例,grade2は3例,grade3は3例であった.円板後部組織の線維化はⅢa群の4例にのみ見られたが,二群間に有意差はみられなかった.また初診時ならびに最終受診時の最大開口度と各時期のVASの間には二群とも相関はみられなかった.初診時ならびに最終受診時の臨床診査項目とMRI診査項目間には,いずれの項目間にも関連性はみられなかった.(平成17年12月3日受理)
著者名
畑 毅,他
31
4
227-233

b_download