h_kaishi

t_toukou

機能水による感染性潰瘍の治療

 近年のさまざまな保存的および外科的治療法の進歩にもかかわらず,再発を繰り返す難治性潰瘍に遭遇することはまれではない.とくに感染を合併したものでは,治療に難渋することが多い.今回,私達は身体各部の感染を伴った難治性潰瘍患者12名に対し,酸性生成水溶液(機能水)を用いた保存的治療を行った.その結果,6例において上皮化による創傷の治癒が認められ,2例においては上皮化による創治癒までには至らなかったが良好な肉芽の形成が認められ,その他の4例においても排膿や悪臭の軽減など感染の鎮静化が認められた,                         (平成10年4月18日受理)
著者名
稲川 喜一,他
23
4
257-264

b_download