h_kaishi

t_toukou

躁うつ病の生化学-受容体への薬理作用からの推論-

躁うつ病に関するアミン仮説と,躁うつ病治療薬の受容体への薬理作用を再検討した.その結果,躁うつ病はnoradrenaline受容体, dopamine受容体, serotonin受容体, adenosine受容体など多くの受容体の異常が関与したものであると推論した.
著者名
笹野 友寿, 他
11
4
407-418

b_download