h_kaishi

t_toukou

体外式超音波検査が診断に有用であった膵 solid pseudopapillary neoplasm の1例

症例は10歳代,女性.主訴は左上腹部痛.部活中に腹部を強打し,左上腹部痛が出現した.食物残渣様嘔吐も認め,当院に救急搬送された.当院搬送時,左上腹部に疼痛及び圧痛を認めたが,反跳痛はなかった.当院搬送時の血液検査は白血球8,950 /μl,アミラーゼ204 U/l と高値を示していた.体外式腹部超音波検査では膵体部に76.1×68.1 mm 大の境界明瞭な被膜を伴う類円形腫瘤を認めた.周囲臓器への浸潤所見は認めず,腫瘍内部は不整で一部無エコー領域を伴い,ペルフルブタン(ソナゾイド®)による造影超音波検査では腫瘍内部の血流は乏しい所見であった.超音波内視鏡検査所見も体外式腹部超音波検査と同様であった.以上より,腫瘍内出血を伴ったsolid pseudopapillary neoplasm(SPN)が最も考えられた.第10病日に膵体尾部切除術を施行し,術後経過は良好である.腹部打撲を契機に偶然発見され,体外式腹部超音波検査が質的診断に有用であった膵SPN を経験したので文献的考察を加えて報告する.
著者名
藤田 穣, 他
46
39-46
掲載日
2020.9.1

b_download