h_kaishi

t_toukou

甲状腺低分化・未分化癌細胞における新規分子標的薬 lapatinib と抗癌化学療法剤の併用効果

【目的】治療に難渋する甲状腺低分化・未分化癌細胞における新規分子標的薬lapatinib(Lap)の抗腫瘍活性ならびに抗癌化学療法剤との併用効果を検討した. 【材料と方法】当教室で樹立された3種類の甲状腺癌細胞株(低分化乳頭癌細胞株KTC-1,未分化癌細胞株KTC-2,KTC-3)を用いた.Lap及び抗癌化学療法剤(5-fluorouracil[FU],doxorubicin[Dox],paclitaxel[Pac],SN-38,cisplatin[Cis],etoposide[Eto],Cis+Eto)を単剤または併用投与し,細胞増殖,細胞周期,アポトーシス誘導,アポトーシス関連因子発現に与える影響を調べた. 【結果】Lapは, いずれの細胞株においても用量依存性に増殖抑制 (50%増殖阻止濃度:KTC-1細胞株5.0μM,KTC-2細胞株3.4μM,KTC-3細胞株3.5μM)とアポトーシス誘導を起こした.Lapは,KTC-1細胞株ではSN-38,Cis,Eto,Cis+Etoと,KTC-2細胞株ではCis+Etoと,KTC-3細胞株ではDox,Pacと相加的な増殖抑制効果を示した.KTC-1細胞株においてCis+EtoとLapの併用は,相加的にsurvivinの蛋白発現低下とアポトーシス誘導を起こした. 【結論】新規分子標的薬Lapは,甲状腺低分化・未分化癌細胞に対して,アポトーシスを誘導し抗腫瘍活性を示した.Lapは抗癌化学療法剤の種類によっては,相加的な抗腫瘍効果が認められた.甲状腺低分化・未分化癌の治療にLapが有用なことが示唆された. (平成20年9月2日受理)
著者名
惣田 麻衣
34
4
265-277

b_download