h_kaishi

t_toukou

たらのき皮の成分に関する研究-脂肪族鎖状化合物の同定-

たらのき(Aralia elata Seemann)皮は,古くから糖尿病に対する民間薬として用いられている.その有効成分を研究する過程で,我々は7種類の脂肪族鎖状メチルエステル[methyl pentadecanoate(1.0%),methyl hexadecanoate(43.2%), methyl octadecanoate(27.5%), methyl eicosanoate (5.6%), methyl docosanoate(9.4%),methyl tetracosanoate(6.5%), methyl hexacosanoate(6.8%)],一つの不飽和炭化水素(1-hexacosene),および一つの脂肪族鎖状アルコール(hexacosanol)をアルコール浸剤のn-hexane抽出部から,主にgas chromatography-mass spectrometry を用いて同定した.
著者名
渡辺 悟, 他
3
3.4
113-120

b_download