h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

進行性腎障害進展過程におけるミトコンドリア酸化ストレスの意義

 糖尿病を筆頭として多彩な原因で慢性腎不全が招来されるが,その進展過程には,共通機序が存在すると考えられている.さらに腎内で産生される活性酸素による酸化ストレスの元進が共通機序の一部を構成していることが示唆されている.進行性腎障害におけるミトコンドリアDNA (mtDNA)の酸化的障害,およびミトコンドリア機能異常の存在とその意義について検討した.  従来,腎内での活性酸素産生を直接検出する事は不可能であったが,活性酸素反応性色素であるdichlorofluorescein-diacetateと共焦点レーザー顕微鏡を用いることにより,腎組織において産生された活性酸素を可視化することに成功した. 5/6腎摘(Nx)ラットでは,コントロール群と比較し,糸球体内での活性酸素生成の有意な増加を認めた.次に,核酸の酸化的障害を8-hydroxy-deoxyguanosine (8-OHdG)を指標として検討した. 8-OHdGの尿中排雅量はNx作成直後には,減少するが組織障害の進展に一致し増加を認めた.腎組織における8-OHdGの局在を免疫組織化学により検討したところ 8-OHdGの蓄積は主に糸球体上皮および内皮細胞に認められた.細胞内では主として細胞質に局在しており,mtDNAへの酸化的障害の蓄積が推測された. mtDNA遺伝子の発現変化を検討すると,呼吸鎖complex I , II構成分子であるNADH dehydrogenase 2及びcytochrome bの遺伝子発現がNx群において低下していた.  次に,培養糸球体上皮細胞を用いて mtDNAの酸化的障害が細胞機能に与える影響について検討した.ミトコンドリア呼吸鎖酵素群complexI及びⅢの特異的阻害薬を用いたところ,細胞内に活性酸素生成の元進を認めた(p<0.05).また,糸球体上皮細胞を活性酸素により処理することにより,ミトコンドリア膜電位の低下とapoptosisの誘導を認めた.  以上の結果より,進行性腎障害において,糸球体内での活性酸素生成の先進と,その結果生じるミトコンドリア及びmtDNAの酸化的障害が,組織障害の進展に関与していることが明らかとなった.(平成15年10月14日受理)
著者名
堀家 英之
29
3
189-202
DOI
10.11482/KMJ29(3)189-202.2003.pdf

b_download