h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

マウス内耳発生におけるTUNEL陽性死細胞の形態学的観察(第二報) -微細構造による細胞死分類について-

 胎生期マウスの内耳に出現する死細胞にはTdT一mediateddUTPnickend-labeling(以下TUNEL)光顕レベルでアポトーシス細胞死(ACD)と非アポトーシス細胞死(NACD)を示すものが存在し,内耳全体の総死細胞数に対して前者は約90%,後者は約10%発現する.cis-diammine-dichloroplatinum(以下CDDP)負荷によって,総死細胞数に著変なくACDが約70%,NACDが約30%となり,NACDを示す死細胞の発現が増加することを見出し,前報に報告した(川崎医学会誌 28(4):287-296,2002).本研究の目的は光顧的にTUNEI.陽性死細胞が確認された切片を再包埋して電顕観察し,胎生期マウス内耳におけるACD,NACDについてその超微形態的特徴を明らかにすることである.続いて内耳全体を可及的に電顕観察することによってACD,NACDを示す死細胞に対する貪食処理様式,核正常であるためTUNEI.法で検出不可能な死細胞存在の有無についても検討した.これらの結果から,ACDを示す死細胞はClarkeの分類によるtypel死細胞すなわちアポトーシスによる死細胞であり,NACDを示す死細胞はtype2死細胞すなわち自己貪食による死細胞で,さらにtypel死細胞は隣接細胞に貪食処理されていた.また,これらはCDDP負荷によっても変化しないことが明らかとなった.(平成14年10月28日受理)
著者名
平井 滋夫
29
1
17-29
DOI
10.11482/KMJ29(1)017-029.2003.pdf

b_download