h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

日本人の遺伝性球状赤血球症における ankyrin遺伝子変異の解析

 日本人における遺伝性球状赤血球症(HS)の病因解析のため, genomic DNA を用いたankyrin-1 (ANK-1)の遺伝子解析をおこなった.本研究では, HS 63家系,67例を対象とした.このうち20家系20例において,HSの病因と推定される19種のANK-1遺伝子異常(frameshift mutation 9種, nonsense mutation 4 種, splicing異常6種)が検出された.これらの遺伝子変異はいずれも,欧米諸国では既報がなく,わが国固有のものと考えられた.日本人のHSにおけるANK-1遺伝子異常は全体の30-50%を占めていると推察された.これらANK-1遺伝子異常を有する症例における赤血球膜蛋白分析の成績では,ankyrin蛋白欠損型を呈した症例はなく,一方でprotein 4.2 (P 4.2)単独部分欠損を呈した症例が17例(85%)認められた.よって,日本人に特徴的とされるP 4.2単独部分欠損を伴うHSでは,その多くがankyrin遺伝子異常を有しており, ankyrinがP 4.2の安定性に関与している可能性が示唆された.           (平成14年2月26日受理)
著者名
中西 秀和
28
2
73-82
DOI
10.11482/KMJ28(2)073-082.2002.pdf

b_download