h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

ケロイド由来線維芽細胞に対するTNF-α,TGF-βの影響について

 創傷治癒過程において,様々な要因により,線維芽細胞などを抑制する条件に異常が生じ,肥厚性瘢痕や,ケロイドが形成されると考えられているが,これらの発生原因や治療法に関しては,今だ不明な点も多い. ヒト皮膚線維芽細胞に対する細胞増殖因子や,サイトカインなどの影響について現在まで,様々な報告がなされ,ケロイド形成においても細胞増殖因子や,サイトカインなどの関与が報告されてきた. 本研究で著者は,手術時に得られたケロイドおよび周辺正常組織から線維芽細胞を遊出し, Transforming Growth Factor (TGF)-βとTumor Necrosis Factor (TNF) -αとの相互作用について,コラゲナーゼの酵素活性とそのメッセンジャーRNA(mRNA)について検討を行った.その結果,ケロイド由来の線維芽細胞においてTNF-α単独刺激ではコラゲナーゼの酵素活性が促進されたのに対し, TNF-αおよびTGF-βの併用によるコラゲナーゼの酵素活性抑制がみられた.またmRNAレベルではTNF-α単独刺激と, TNF-αおよびTGF-βの併用には有意な差が見られなかった.これらの結果は,酵素活性レベルでのTGF-βのTNF-αに対する抑制作用と考えられる.細胞増殖因子によるケロイドに対する治療の可能性が示唆された.              (平成12年10月25日受理)
著者名
山本 雅之
27
1
41-47
DOI
10.11482/KMJ27(1)041-047.2001.pdf

b_download