h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

耳鼻咽喉科外来患者の統計的観察(第二報)

 1973年12月から1996年12月の期間における耳鼻咽喉科外来患者の統計的観察を行った. 急性中耳炎患者の数は徐々に減少していたが滲出性中耳炎患者数は変化を認めなかった.感音難聴患者やめまい患者数は徐々に増加していた.アレルギー性鼻炎患者数は増加していたが急性・慢性副鼻腔鼻炎患者数は減少していた.急性・慢性咽喉頭炎患者数は急速に増加していたが急性・慢性扁桃炎患者数はほぼ変化を認めなかった.外傷,異物,機能障害,顔面神経麻痺,反回神経麻痺などの患者数は徐々に増加していた.                                (平成11年8月6日受理)
著者名
秋定 健,他
25
3
173-180
DOI
10.11482/KMJ-J25(3)173-180.1999.pdf

b_download