h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

新生子マウス腎皮質の間質に出現するアポトーシス細胞の起源

 新生子マウス腎臓皮質の浅層に出現するアポトーシス細胞の局在と由来を明らかにすることを目的として,生後2日のマウス腎臓を光学および電子顕微鏡で観察した.新生子マウス腎臓皮質はネフ囗ンに分化する腎胞と集合管へと分化する尿管芽およびこれらの間を満たす間質組織からなる.間質は楔状細胞質突起を有する間質細胞が細工を形成し,その間を新生毛細血管が走行する.間質にはTUNEL染色陽性を呈する死細胞が出現する.死細胞は皮質浅層にみられ,とくに後腎組織帽の髄質側の下端部に面する同質に多く,染色質の核縁凝集と核および細胞質の断片化を特徴とする.超微形態学的に核染色質の濃縮を呈する細胞は後腎組織帽内にも少数認められること,後腎組織帽内へ細胞質突起をのばし死細胞を取り込む間質細胞や後腎組織帽下端に接する間質にアポトーシス小体を含む間質細胞が出現することから,新生子腎臓で皮質浅層の間質に出現するアポトーシス細胞の大多数は後腎組織帽の後腎芽細胞の細胞死に由来するとみなされる.(平成11年7月19日受理)
著者名
進藤 彰久,佐々木和信
25
3
157-163
DOI
10.11482/KMJ-J25(3)157-163.1999.pdf

b_download