h_kaishi

t_toukou

モデル地域における大腸集検の実施成績

わが国の大腸癌死亡率の増加に伴い第2次予防としての大腸癌検診の重要性が認識されてきている.今回我々は岡山県内のモデル地域において1986年から1991年までの6年間に実施した大腸集検の成績について検討した.スクリーニングには免疫便潜血検査を用いたが,これは従来の化学法では感度が低く食事制限が必要なため現在は免疫法が主流となってきている.検診結果から要精検率は平均9.6%で,精検受診率は81.0%であった.発見大腸癌症例は11例で,発見率は全体で0.12%であった.部位別にみるとS状結腸が7例で最も多く, Dukes分類ではAが10例でBが1例であった.受診歴からみると経年受診者はすべてDukes分類のAであり,このことから検診未受診者の受診勧奨とともに逐年検診が重要と考えられた.                       (平成5年11月16日採用)
著者名
日隈 慎一,他
20
1
13-17
DOI
10.11482/KMJ20(1)13-17.1994.pdf

b_download