h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

舌痛症について

舌に器質的な異常が認められていないのに,表在性で持続性の舌の痛みを訴える疾患が増加している.この疾患の原因については明らかでないため,心因性要素が指摘されている.しかし口腔は食物などにより常に温熱刺激や冷温刺激をうけているため,舌を詳細に観察すると些細な異常が存在している.また本疾患は比較的高齢者に多くみられるために,全身的基礎疾患に罹患していることも考えられる.これら要因について検討を行い舌痛発生の可能性について考察した.                 (平成6年5月6日採用)
著者名
福田 道男,他
20
S
9-16
DOI
10.11482/KMJ20(S)9-16.1994.pdf

b_download