h_kaishi

t_toukou

看護科と理学療法学部の学生の患者教育についての指導観

リハビリテーションを嫌がる老人患者に対する指導態度を看護科と理学療法学部の学生について比較した.紙上ロールプレイの方法を用いて患者に対する応対のしかたを調べた.そして,個別回答分析法によって共感的態度を評価した.対象学生 川崎医療短期大学      川崎リハビリテーション学院第一看看護科1年 52    理学療法学部 1年 39第二看看護科1年 51            2年 35第一看看護科3年 51            3年 37第一看護科3年の学生が一番共感的態度を示し,看護科1年の学生がそれに続いた.理学療法学部の学生は訓練者中心の態度であった.リハビリテーションの訓練においては,看護婦は援助者,理学療法士は訓練者としての役割意識を持っているからであろう.             (平成6年4月30日採用)
著者名
片山 英雄,他
20
S
85-90
DOI
10.11482/KMJ20(S)85-90.1994.pdf

b_download