h_kaishi

t_toukou

長期血液透析患者に発症し,巨大仮性嚢胞を形成した急性膵炎の1例

長期透析中の慢性腎不全患者に合併した急性膵炎の1例を報告する.症例は39歳,女性.透析歴18年の透析患者が誘因なく腹痛,嘔吐を主訴に搬送された.臨床症状,血清膵酵素の上昇(アミラーゼ2450 IU/1, エラスターゼ1 , 3412 1U/I),及び膵腫大(腹部超音波検査, CT)より急性膵炎と診断した.発症1週間で約15×10 cm の膵仮性嚢胞を形成した.未移植の慢性腎不全患者の急性膵炎の報告は本邦では少ないが,文献的には発生率2.3%で,健常者に比して高いとされている.その原因として二次性副甲状腺機能亢進症や高カルシウム血症,あるいは高脂血症,動脈硬化などの関与が示唆されている.本症例は,発症前約2年間にわたり,Ca製剤,活性型ビタミンD製剤が処方されており,それが高カルシウム血症の原因となっていたと思われる.             (平成5年9月6日採用)
著者名
石松 隆子,他
19
3
229-234
DOI
10.11482/KMJ19(3)229-234.1993

b_download