h_kaishi

t_toukou

NIDDM症例における糖代謝異常から正常化へのコントロールプロセスの検討 -インスリン療法を中心としてー

NIDDMの発生期や急性増悪期には,インスリンの欠乏による代謝異常が,生体のインスリン抵抗性を増大させ,さらに大きな代謝異常へと続く悪循環が言われている.このような状態にある症例に対して,積極的にインスリン治療を行うことにより,可逆的な代謝異常が改善されることが考えられる.しかし,代謝状態の急変は,生体にマイナスをもたらすことも考えられ,そのプロセスをコントロールしていくことが重要であると考えられる.その第一歩として,当院でインスリン治療を行った8症例について新しい記述手段を提案し,各症例の実際の治療と,コントロールプロセスの関係を検討した.その結果,全く異なる8症例が同一経路により正常状態へ近づくこと,及び治療パターンの違いが,改善速度と最終的な改善度に影響を与えることが示唆された.   (平成3年12月26日採用)
著者名
米田 正也,他
18
1
11-19
DOI
10.11482/KMJ18(1)11-19.1992.pdf

b_download