h_kaishi

t_toukou

飢餓により末梢神経障害を合併し,頭蓋内圧亢進を呈した静脈洞血栓症の1例

症例は17歳男性.飢餓を強制され,高度の栄養不良状態となり,頭痛,複視,上下肢の筋力低下,下腿以下の感覚鈍麻などの症状が出現した.検査でうっ血乳頭,髄液圧の亢進,直静脈洞の著明な狭小化,腓腹神経の軸索変性などの所見を認めた.原因として栄養不良状態に脱水状態が加わり,静脈洞血栓症,末梢神経障害を呈したと推察した.治療として頭蓋内圧亢進症状に対しては副腎皮質ホルモン(プレドニゾロン)が有効であった.(平成4年1月13日採用)
著者名
原 賢治,他
18
1
37-40
DOI
10.11482/KMJ18(1)37-40.1992.pdf

b_download