h_kaishi

t_toukou

動注用ヘパリンコーティングカテーテルにより腹大動脈壁在血栓を認めた1例

動注用ヘパリンコーティングカテーテル留置約5か月後の剖検にて腹大動脈に壁在血栓を認めた膵癌肝転移症例を経験した.原因としてカテーテルそのものによると考えられ,今後カテーテル留置の方法や材質の検討が必要と考えられる.   (平成3年12月26日採用)
著者名
宗盛 修,他
18
1
41-46
DOI
10.11482/KMJ18(1)41-46.1992.pdf

b_download