h_kaishi

t_toukou

内耳奇形ハムスター蝸牛有毛細胞の生後発達

内耳奇形ハムスターを使用し,生直後から,蝸牛有毛細胞が成熟する14日目以降までを,経日的に走査電子顕微鏡で観察した.生直後から生後2日目までは,内有毛細胞,外有毛細胞第1列,2列,3列ともに,著明な回転が見られたが,生後3日目以降は,ほぼ成熟状態と同様に蝸牛外有毛細胞第1列の回転のみが著明で,内有毛細胞,外有毛細胞第2列,3列の回転は軽度となった.これは支持細胞等の成熟機転と密接な関連があることを強く示唆するものである.                     (平成4年6月22日採用)
著者名
矢田 和子
18
2
109-113
DOI
10.11482/KMJ18(2)109-113.1992.pdf

b_download