h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

当院における食道異物の最近の動向-レ線上興味ある症例を中心にー

1980年から1992年9月までに,当院に入院した食道異物は49例で,男性26例,女性23例であった.年齢は1~6歳が27例,17歳が1例,38歳~88歳が21例であった.異物の種類は,硬貨26例(53.1%),食片7例(14.3%), PTP 7例(14.3%),魚骨4例(8.2%),義歯3例(6.1%),ビールの栓1例,缶ジュースのpulltop l例であった.異物の介在部位は,第一狭窄部が32例(65.3%),第二狭窄部が8例(16.3%),第三狭窄部が7例(14.3%),不明2例であった.確定診断は,単純X線撮影35例(71.4%),軟X線撮影1例,食道造影2例,食道造影と内視鏡1例,病歴とCT1例,病歴と内視鏡9例で行われ,放射線診断の占める割合が高かった.治療は内視鏡による摘出が37例(75.5%)と,大半を占めていたが, PTPの1例は,外側頸部切開,魚骨の1例と,ビールの栓の1例は,開胸手術になった.                              (平成4年10月20日採用)
著者名
小牧 久和子,他
18
3
213-217
DOI
10.11482/KMJ18(3)213-217.1992.pdf

b_download