h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

特発性大腿骨頭壊死に対する大腿骨頭回転骨切り術

6例8股関節に対して大腿骨頭回転骨切り術を施行した.平均術後経過観察期間は67か月であった.その内訳は, Stage Ⅰが2股,Ⅱが3股,Ⅲが3股関節であった.8股関節中4股関節は経過良好であった.しかし残りの4股関節には骨頭変形の進行が認められ,そのうち2股関節には追加手術を行った.われわれの症例では,術後の臼荷重部に対する骨頭健常部の占拠率および手術手技が術後成績に影響を及ぼしていたものと思われる.これらの点に注意すれば大腿骨頭回転骨切り術は本症に対して有用な方法と考える.                             (平成2年3月31日採用)
著者名
長谷川 徹,他
16
1
39-46
DOI
10.11482/KMJ-J16(1)39

b_download