h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

出産後インスリン依存性糖尿病とバセドウ病を同時に発症した1例

出産後6ヵ月にバセドウ病とインスリン依存性糖尿病を同時に発症した1例を報告した.自己抗体では,抗ラ氏島抗体,抗核抗体,抗サイログロブリン抗体,抗マイクロソーム抗体, TSH受容体抗体が陽性であった.出産後の免疫学的変動が二つの疾患の発生に関与していると考えられた.(平成元年8月28日採用)
著者名
江森 哲郎,他
15
3
528-531
DOI
10.11482/KMJ-J15(3)528

b_download