h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

開腹術時の腹腔内検索-有所見率とその解析-

開腹時の腹腔内検索は時間の増加と副損傷の危険性を考慮しても大変重要である.我々は教室例1637例(男性1040例,女性597例)の所見について解析を行ったので報告する.手術の対象部位は胃,十二指腸が最も多く736例(悪性疾患607,良性疾患129),次いで胆道系390例(悪性36,良性354),結腸,直腸314例(悪性262,良性52)の順であり,3:2で悪性疾患が多かった.術中に初めて発見されたものを所見ありとして集計すると全体では616例(37.6%)に副所見がみられ,年齢別にも差はなく,若年者といえども正確な検索が必要と言える.付加手術を必要とした副病変は胆石症が多かったがほかに悪性疾患が多く含まれていること(大腸癌6,肝癌3,胆嚢癌1)は注目すべき事項と思われる.約3人に1人は副所見を有しており,腹腔内検索の重要性を示唆するものと言える.(昭和62年7月23日採用)
著者名
木元 正利,他
14
1
40-44
DOI
10.11482/KMJ-J14(1)40

b_download