h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

血管造影による霊長類の頭部動脈系の立体的解析 Part 2 原猿類ロリス科の顎部動脈系

原猿類ロリス科における顎動脈とその関連動脈について頭部動脈造影写真を立体的に観察し,系統発生学的な解析を行い,ヒトおよびヒト胎児動脈系と比較検討した.1)ロリス科は特異な走行を示す内頸動脈とrete-mirabileを有し,その内頸動脈は上行咽頭動脈に由来していると考えられる.rete-mirabileは各属間の形態的相違だけでなく,個体間,左右間にも異なった形態を持つており,顎動脈と吻合し,またその分枝は上行咽頭動脈の走行と類似している.2)ロリス科のアブミ骨動脈は消失し,末梢部は背側眼動脈の硬膜枝となり,眼動脈は顎動脈と2,3本の吻合枝を持っている.3)ロリス科の口蓋動脈は大小2本存在するが,特に大口蓋動脈はヒトとは異なり口蓋の正中寄りを走行し外側に分枝する.4)ヒトの胎生期40~44日にみられるアブミ骨動脈-顎動脈吻合はロリス科には認められないが,眼動脈一顎動脈吻合という異なった形が認められる.(昭和62年8月25日採用)
著者名
井上 普文
14
1
69-83
DOI
10.11482/KMJ-J14(1)69

b_download