h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

ポリープより発育した上行結腸癌による腸重積の1例

症例は50歳女性で, 1977年に上行結腸ポリープと診断されていたが放置していた. 1987年5月に腹痛を主訴として入院した.注腸造影と内視鐃検査を施行したが,10年前にポリープが存在した部位に4×4cm大の腫瘤を認め,この腫瘤が横行結腸へ重積を起こした.右半結腸と領域リンパ節を切除した.切除標本は, 4.9×4.1 cm大のBorrmann l型の癌で,組織学的検査では高分化型腺癌で漿謨への浸潤を認めた.(昭和62年9月29日採用)
著者名
張 泰昌,他
14
2
252-256
DOI
10.11482/KMJ-J14(2)252

b_download