h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

正常肺における末梢気道の組織構築像の検討 II. 細網線維の作る組織構築

肺内末梢気道域である移行帯から肺胞壁にかけての立体的構造,細網線維による組織構築形成の様式を把握する目的で,厚切り肺組織切片に鍍銀法を応用し,細網線維のとる態度を検討した.末梢細気管支壁や肺胞入口部では一連の厚い好銀線維束がほほ長軸に沿って存在し,これより気道自体や肺胞壁には細かい線維が分かれ出ていた.肺胞壁のものでは網目状構造を形成していた.気道,肺胞壁の組織構築をなす細網線維は,血管壁のものとは違った走行を示した.加齢によって気道,気腔系の線維は細く,あるいは粗になる傾向を示していた.機能面から考えると,これらの線維には組織を固定する中枢よりのものと,可動性を持った末梢の部分が存在することが示唆された.移行帯部分においては,気道系から気腔系への線維の分布に急激な変化も存在し,この領域に力学的ゆがみを生じやすい原因となると考えられた.また,鍍銀法の染色性,線維成分との関係についても考察した.
著者名
森谷 卓也,他
13
3
242-251
DOI
10.11482/KMJ-J13(3)242

b_download