h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

接触皮膚炎の病理組織学的研究 II 実験的―次刺激性接触皮膚炎

モルモットにおけるDNCB及びクロトン油に対する―次刺激性接触皮膚炎の病理組織学的変化を経時的に観察した. DNCB皮膚炎にみられた特徴的所見は表皮の真皮からの分離を伴う表皮細胞の変性壊死,再生表皮のリンパ球性基底部海綿状態と真皮上層の好塩基球浸潤であり,クロトン油皮膚炎のそれは毛のうの破壊を伴う表皮細胞の変性であった.
著者名
中川 昌次郎, 他
11
3
318-323
DOI
10.11482/KMJ-J11(3)318

b_download