h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

ステロイドホルモン レセプターからみた免疫抑制下におけるSC115 乳癌の移植発育に関する検討

マウス乳癌SC115 を免疫抑制状態にある宿主マウスに移植し,移植率,腫瘍増殖速度および腫瘍細胞のステロイドホルモン レセプターについて検討した. 1.免疫抑制処置(コバルト照射群またはデキサメサゾン投与)により雌,去勢雄マウスにSC115 は100%移植可能であり,発育をしめした. 2.免疫抑制は発育したSC115 腫瘍のアンドロゲンレセプター(AR)には影響を与えなかった.またエストロゲン レセプター(ER)には一定の影響がみられなかった. 3. SC 115 腫瘍にグルココルチコイド レセプター(GR)がみられた.
著者名
芝田 努
11
3
324-333
DOI
10.11482/KMJ-J11(3)324

b_download