h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

人型結核菌体抽出多糖体成分(S.S.M.:丸山ワクチン)の抗癌作用に関する研究 高濃度S.S.M. (100倍濃度多糖体成分)とヒト癌細胞double xenografts におけるコラーゲン増殖について

T-細胞を欠除したヌードマウスヘヒト癌細胞を移植して長期間SSM注射をおこなうと癌間質に由来するcollagen増殖が促進され著しい癌増殖の抑制がみられる.本実験では同一個体にそれぞれ母細胞を異にしたヒト癌細胞HGC,HLCやマウス由来のNB41A3細胞を移植しdouble graftsを作製して,腫瘍細胞に反応する担癌体のcollagen反応と増殖を比較した.その結果, collagen反応様式の基本は個体の免疫基盤に左右されるよりも癌細胞自身に依存していることをさらに明らかにすることができた.今回使用したSSMは従来ヒトの治験に使用されているSSM-A (2μg/ml多糖体)のほかに100倍高濃度液(200μg/ml多糖体)を使用した.その結果, collagen増殖はさらに促進されSSM-Aでは著効の見られなかったHLC xenograftでも著しいcollagen増殖がおこり,癌細胞の封じ込めも著しかった. 濃度のほかにSSM注射時期も重要で,早期使用ほど有効であった.また,高濃度液といえども全く副作用はみられなかった.なお,肺癌移植の場合,高濃度注射により一部の腺癌は扁平上皮細胞への化生がみられた.以上の所見からヒト型結核菌体多糖体の抗癌への作用機序は腫瘍間質からのcollagen増殖促進が本質的なもので癌の母細胞の種類によって異なるが,腫瘍間質の少ない腫瘍では効が少なかった.このSSMとcollagen増殖との因果関係については,結核菌体多糖体が直接collagenの生合成に利用されるのか,副作用なく長期間使用可能なために,担癌個体の低下した免疫能を正常に復する結果,修復機転の回復促進が起こるのか,また,癌細胞が放出するImmunosuppressor acidic protein等の減少を起こすことによって担癌体の免疫基盤の正常化により,癌破壊組織の修復が促進されるかなど, collagen増殖がSSMの間接的作用によるのか今後の癌治療への重要な課題を提供した.既報の乳癌第II症例(50歳)は昭和54年43歳の時骨盤内転移を発見し,長年腰椎転移を認めているが,現在(昭和60年4月)生存加療中で,昭和58年1月に膣部の転移巣の脱落を認め生検組織で,癌転移組織は線維化消失を起こしながら増殖していた.
著者名
木本 哲夫
11
1
153-177
DOI
10.11482/KMJ-J11(1)153

b_download