h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

異所性褐色細胞腫 -自験例と文献的考察-

67歳,女性の異所性褐色細胞腫を経験したので報告する.術前のCT scan および,血管撮影にて,腫瘤が腹部大動脈左側に在ることが判った. Prazocinにて良好な血圧が保たれ,容易に腫瘤を摘出できた.術後血圧は,140/70mmHgと正常化し,現在患者は,日常生活をおくっている.
著者名
原 太久茂, 他
11
1
190-194
DOI
10.11482/KMJ-J11(1)190

b_download