h_kaishi

t_toukou

腹壁瘢痕ヘルニア‐自験29例の検討‐

1)過去10年間で経験した腹壁瘢痕ヘルニアは29例である.男性13例,女性16例と女性が多かった. 2)初発例19例,再発例10例であり,再発例は女性に多かった. 3)原疾患手術時年令は,男性50.4±15.9歳,女性37.0±17.5歳であり, 30歳台が多かった. 4)原疾患手術後合併症として創部感染,咳嗽がみられた. 5)下腹部交差切開のヘルニアは,非還納性ヘルニアであることが多かった. 6)再発手術例4例を含む10例にテフロンメッシュを用いて補綴閉鎖を行い,良好な術後結果を得た.
著者名
今井 博之,他
10
2
212-217
DOI
10.11482/KMJ-J10(2)212

b_download