h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

長期間放置された気道異物の1症例

症例は11歳男児,咳嗽を主訴に約2カ月間気管支喘息として加療を受けていたが,難治性のため近医にて胸部レ線を施行したところ,右肺門部に異常陰影を指摘された.全身状態良好で,深呼吸時に右前胸部に喘鳴を聴取.異物は割ピンであり,右主気管支より全身麻酔下にventilation bronchoscopyを用いて摘出した.
著者名
宮本 永祥,他
10
2
256-259
DOI
10.11482/KMJ-J10(2)256

b_download