h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

乳房原発悪性リンパ腫の1例:酵素抗体法および電顕的検討

乳房原発の悪性リンパ腫は比較的稀であり,さらにその細胞由来の検索は今日まで十分になされていない.我々は,従来いうところの乳房細網肉腫の1例を経験し,酵素抗体法および電顕的観察から,リンパ球由来の悪性リンパ腫と考えたので報告する.症例は53歳女性で,右乳房における直径4cm大球形の腫瘤のため乳房切断術をおこなった.組織学的には,類円形リンパ腫細胞のびまん性密な増殖からなり,特別な配列構造はみられず,著明な血管増生を伴っていた.大部分の腫癌細胞は大型円形で,核の切れ込みはみられず,好塩基性の胞体を有していた.また中等度の細胞形態の多形性と少数ながら多核巨細胞の出現もみられた.腫瘍細胞間には中等度のマクロファージの浸潤がみられた.酵素抗体法では,腫瘍細胞胸体内にリゾチームは証明されず,またIgGおよびIgMも陰性であった.電顕的には,リンパ球系細胞としての特徴がみられたが,組織球性の性格はみとめられなかった.
著者名
佐藤 博道, 他
6
1.2
31-37
DOI
10.11482/KMJ-J6(1.2)31

b_download