h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

膵疾患におけるCT診断

膵疾患診断におけるCT検査の有用性について我々の経験や報告された論文を参照し綜説した.CTは病巣の大きさ,形態,性状,周囲臓器との関連を容易に描出でき,特に慢性膵炎,膵嚢胞,膵腫瘍の診断に有用であった.CTはERCPや血管造影に比較して非侵襲性で簡便であり膵病変の把握に極めて有用な検査法で従来の診断法と組み合わせることにより膵疾患の質的診断を可能にする.
著者名
山本 晋一郎, 他
5
2
84-91
DOI
10.11482/KMJ-J5(2)84

b_download