h_kaishi

t_toukou

左片側不透明肺を来した四疾患:その原因と鑑別診断

大量の胸水貯溜,無気肺,無形成症,荒蕪肺による左片側不透明肺を来した4症例の原因ならびに鑑別診断について述べた.癌性胸膜炎による大量の胸水貯溜の場合には,胸部X線像は左片側不透明と共に,気管や心は右に偏位し,左横隔膜は低位をとっていた.左主気管支の閉塞による左肺の無気肺の場合には,左片側不透明と共に,縦隔の左方への偏位,横隔膜の挙上,左主気管支の閉塞所見が認められた.左肺無形成症の場合にも,片側不透明と共に,縦隔の左方偏位,右肺の過膨張ならびに左胸部へのヘルニアが認められた.陳旧性結核による荒蕪肺の場合には,片側不透明ではあるが,高圧撮影や断層像をみると拡張した気管支や空洞を透見出来た.片側不透明肺を示すX線像の鑑別診断に際しては,随伴陰影の注意深い観察やX線撮影方法の工夫が,重要であると考えられた.
著者名
小林 武彦, 他
4
1
21-26
DOI
10.11482/KMJ-J4(1)21

b_download