h_kaishi

t_toukou

成鶏水晶体HM Protein の特異性について

Agarose gel chromatography (Bio-Gel A-5 m/Bio-GelA-0.5 m combinationcolumn)により,成鶏(生後50~60日)の水晶体可溶性分画から, High MolecularWeight protein (HM protein)を分離した.そのHM protein 分画は,成牛では,溶出全蛋白量のうちの8.9%を占めるのに対し,成鶏では2.2%と非常に少量であった.免疫電気泳動の結果,成鶏水晶体可溶性分画中のHM protein分画の主成分はβ-crystallinであり,成牛のHM protein 分画がα-crystallinを主成分とするのとは異なっていた.また, SDS disc gel electrophoresisの結果からも, α-crystallin subunitに相当する分子量を持つfragmentは検出されず, 25,000~102,000 dalton の範囲に約9つのfragmentを検出した.
著者名
顔 政坤, 他
4
1
43-49
DOI
10.11482/KMJ-J4(1)43

b_download