h_kaishi

t_toukou

虚血性心疾患における左室壁の不共同収縮について

狭心症および心筋硬塞後の患者に冠動脈造影とともに35 mm映画により,左室造影をおこない,左室の収縮様式と心機能について検討した. 1.狭心症の1例に左室壁の限局性低収縮を,心筋硬塞に限局性無収縮2例,収縮期膨隆1例,左室瘤1例の不共同収縮を認めた. 2.左室瘤の1例を除いて左室壁の不共同収縮部と冠動脈病変部,心電図所見は一致した. 3.不共同収縮例は共同収縮例と比べて左室の拡大は著しく,駆出率の低下がみられたが一回心拍出量は正常に保たれていた. 4.不共同収縮部を除く残存心筋の収縮は極めて良く,残存心筋による駆出率は良好であった. 5.左室長軸の短縮率は不共同収縮部位に関係なく著明な低下がみられた.
著者名
藤原 巍, 他
3
1
01-07
DOI
10.11482/KMJ-J3(1)1

b_download