h_kaishi

t_toukou

一過性に錐体外路症状を呈しBudd-Chiari症候群の1例

下大静脈および肝静脈の閉塞を伴ない一過性に著明な精神神経症状を呈した症例を呈示する.患者は38歳の女性で,10年以上にわたり胸腹部の静脈怒脹がみられたが,発熱につづいて突然アテトーゼ様運動,知能低下,動作の鈍さ,構語障害および歩行障害が出現した.これらの症状は9ヶ月持続し自然に寛解した.下大静脈および肝静脈造影により両者の完全閉塞が証明された.このような特異な神経学的異常が出現した原因は,おそらく,アンモニアを含む何らかの有毒因子による神経系の機能的および器質的障害にもとづくものであることが推測された.
著者名
山本 晋一郎, 他
2
1
53-58
DOI
10.11482/KMJ-J2(1)53

b_download