h_kaishi
Online edition:ISSN 2758-089X

t_toukou

腎癌術後24年目に診断した孤立性甲状腺転移の1例

転移性甲状腺癌において原発部位は腎癌が最も多いとされているが,今回腎癌術後24年と長期間経過後に孤立性甲状腺転移の症例を経験したので報告する.症例は68歳,女性.既往歴に右乳癌,両側肺癌,左腎癌あり.右乳癌温存術後の放射線治療目的に前医より当院放射線治療部に紹介.位置決めCT で甲状腺右葉腫瘤を指摘され当科紹介.頸部超音波で甲状腺右葉に約3㎝大の被膜を有する低エコー腫瘤を認めた.穿刺吸引細胞診で良性との結果で経過観察としていた.その後,腫瘤の増大を認めたため,手術を勧め,甲状腺右葉切除術を行った.術後病理検査で腎癌(淡明細胞癌)の転移との診断であった.その後当院泌尿器科に紹介し,全身精査するも明らかな遠隔転移なく経過観察となっている.腎癌術後に甲状腺腫瘤を認める場合は転移の可能性を考慮する必要性があると考える.
著者名
緒方 良平, 他
48
35-40
DOI
10.11482/KMJ-J202248035
掲載日
2022.12.7

b_download